自動英略語辞典

ARP(Address Resolution Protocol:アドレス解決プロトコル)

カテゴリ:情報処理系

ARP(Address Resolution Protocol:アドレス解決プロトコル)は端的に言えばIPアドレスからそのIPアドレスを持つノードのMACアドレスを調べるためのプロトコルです。

TCP/IPによる通信では、宛先IPアドレスとMACアドレスの両方が必要です。宛先IPアドレスを持つノードのMACアドレスを基に宛先を判断します。

宛先ノードのMACアドレスを調べるためには、まず、送信元はすべてのノードに対してARPリクエストをブロードキャストします。次に該当のIPアドレスを有するノードは自身のMACアドレスを送信元コンピュータに返します。これにより送信元コンピュータは該当IPアドレスを有するノードのMACアドレスを知ることができます。

次に送信元はイーサネットフレームの宛先MACアドレスに調べたMACアドレスを指定してパケットを送信します。

もし調べたい対象のIPアドレスが同じネットワークではない場合は、デフォルトゲートウェイ(一般的にルーター)にARPリクエストを送信しルーターのMACアドレスを調べ、イーサネットフレームの宛先MACアドレスにゲートウェイのMACアドレスを指定してパケットを送信します。

つまり、イーサネットフレームの宛先MACアドレスには常に次のノード(ネクストホップ)のMACアドレスが入り、宛先MACアドレスの情報を書き換えながら宛先のコンピュータにパケットが届けられます。

英略語に戻る

このページのトップに戻る